インプラントなら東京港区や神奈川県横浜などの【日坂会インプラントセンター】

歯科医の25%が経験。インプラント治療後にトラブル

インプラントセンター HOME > トラブル

歯科医の4人に1人は、治療した患者に神経まひなどの重い症状

あごの骨に人工歯根を埋めて人口歯を付けるインプラントを実施している歯科医の4人に1人は、治療した患者に神経麻痺などの重い症状が起きた経験のあることが、日本歯科医学会の調査で24日、分かった。
インプラントをめぐっては、治療後に腫れや痛みが残るといったトラブルの相談が増えているとして、国民生活センターが注意を呼び掛けている。
調査は、厚生労働省の委託で3月に実施。
日本歯科医師会の会員千人に昨年1年間の治療実績などを訪ねる調査票を配り、423人が回答した。
自らインプラントを実施しているのは289人で68%だった。
このうち、治療後に患者が重い症状を起こした経験があるとしたのは25%。
内容は神経まひ、鼻の横にある空洞の炎症やそこへの異物の侵入、異常出血の順に多かった。

この2年半で治療後に不具合を訴え、大学病院などを訪れた患者は2,700人を超える。
主な原因に最初に治療した歯科医師の技術や知識不足を挙げた大学は86%に上る。

当院のインプラント治療は、患者様の安心のため、
以下のコンセプトを徹底しています。

1. 認定ドクターがダブルチームで治療を行います

2. インプラントを長期的に維持させることを心がけております。

3. インプラントを無理にお勧めしません。

4. インプラントだけではなく、口腔内の包括的な治療を行います。

詳しくはこちらをご覧ください

インプラントのトラブル

各クリニックの連絡先はこちら ご予約はこちら ご相談はこちら

TOPへ